-Chart anatomy-

チャート解剖学

スパイクはプライスアクションの基本かつトレンド終焉を意味するものだ!

スパイクハイ、スパイクローはプライスアクションの基本です。トレンド終焉で出るものだとチャート解説しましたのでご参考ください。

ピンバーはプライスアクションの基本中の基本だと実例解説!

ピンバーはプライスアクションの基本となる考え方です。チャートの転換点やダマシの基点になることを解説したのでぜひご参考ください。

FXとプライスアクション!チャートから値動きの変化を読み取れ!

プライスアクションはFXの値動き分析において要となる考え方です。ぜひ基本パターンを覚えてトレードに役立ててください。

SCREENは半導体関連の資金流入で上昇。寄り付きのトウバがポイント。

SCREENのポイントは長いひげの考え方、ボックス理論を応用、セクター単位での考え方といったことでした。

楽天は同業他社から出遅れ上昇でした。レーティングは適当すぎ。

楽天のポイントは出遅れ上昇を狙った、日足直近高値を超えていけるかに注目ということでした。

ソフトバンクはKDDIとドコモより弱い値動きを朝一で見せました。

ソフトバンクのポイントは関連銘柄より弱い値動きでロスカット、中期線目安で拮抗を示すローソク足、日足でトレンド転換の可能性といったことでした。

ツガミは寄り値と一つ目のローソク足、ハラミ線がポイントでしたね。

ツガミのポイントは寄り値が高く転換点をすぐ上抜けて始まったこと、押し目の基本形とハラミ線を組み合わせたことでした。

ツガミは下髭連続で反発を読みました。

ツガミのポイントは中期線目安の下髭連発、VWAPを超える強い反発、日足直近高値と強い節目でした。

コシダカは複数サポートと板で状況を把握しました。

コシダカのポイントは複数テクニカルでサポートされると反発しやすい、板の状況で上値を考えるということでした。

KDDIなど関連銘柄に楽天から資金移動?

KDDIのポイントは関連銘柄の考え方で利益を取った、関連銘柄間での資金移動という点でした。

スルガ銀行は不正融資の信頼回復に向けた材料が出ました。

スルガ銀行のポイントはどん底から這い上がる材料は強い、VWAPでヨコヨコは上抜けで急騰の可能性、材料の進捗でまた動きがありそうといったことでした。

楽天は日足の流れと始値で上昇継続が読めました。

楽天のポイントは日足と始値で上昇継続を読めた、十字線が包み線になっているときは注意などでした。

JXTGはVWAPサポートが効いていました。原油も上昇傾向。

JXTGのポイントはVWAPと大型株の相性は良い、利食いでもローソク足の変化を見る、石油関連企業は原油価格が重要ということでした。

ソニーは朝一の押し目からじわじわと上げ続けました。

ソニーのポイントはVWAPは利食い目安に使える、VWAPを上抜けていく値動きは強いということでした。

楽天は直近大陰線や高値を超える強い値動きでした。

楽天のポイントは直近6日間を包むほどの大陰線を超える値動きであった、直近高値が転換点になっていると確認できれば買いポイントと考えられるということでした。