-Chart anatomy-

チャート解剖学

アンジェスはベースを割り込んで大幅下落。相場開始時まで戻るのか?

f:id:higedura:20190328174043p:plain

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

株チャートの勉強のためトレード内容を振り返ります。

 

今回はアンジェス【4563】の各種チャート値動きを振り返って勉強です。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。

 

※私見かつ個別銘柄の売買を推奨、強要するものではありません。

<前回記事>

www.chart-anatomy24.com


 

アンジェス5分足チャートで勉強

 

f:id:higedura:20190402164314p:plain

 

 

前回までの考察では

 

  1. 週足の上髭連発で売りが降ってきている印象
  2. ここ数日のVWAPのレジスタンスが印象的
  3. もう少し下に行く値動きがありそう
  4. 1000円割れからはロスカットがなだれ込み速そう
  5. 個別銘柄のチャートを考えるときは、同一銘柄のチャート内から基準を考える

 

ということに言及してきました。

 

また、1000円を明確に割り込む流れでもおかしくないと言い、ベース安値を目安とするとしました。 

 

本日の値動きは

 

  1. ギャップダウンで寄り付くと900円まで下げる
  2. 微反発したもののすぐに900円を割り込み、VWAPに上値を抑えられながら800円まで下げる

 

という展開でした。考察通り1000円の節目を割り込んでからは、前回言及した安値ラインを軽々と抜けるほど下げの勢いが増してしまいました。

 

アンジェス日足チャートで勉強

f:id:higedura:20190402164330p:plain


本日は出来高が増えて陰線を引く値動きでした。おそらく1000円を割り込んだことでロスカットがなだれ込み出来高が増加したのでしょう。

 

逆に考えると、1000円というわかりやすい目安を大幅に割り込んだことで、ほとんどのロスカットは刈られたということですね。

 

したがって次に考えることは

 

  1. 下に控えている長期線で反発が起こるかどうか
  2. もし反発が起きた場合に出来高が増加するかどうか
  3. もし反発しない場合には相場開始時の600円台前半~700円くらいまで戻す可能性あり

 

ということです。もし反発すればその流れに乗れば良いですし、相場開始(コラテジェン承認)の時の株価を超えて下がればホルダー入れ替えにもつながります。

 

もしホルダーががらっと入れ替われば、コラテジェンの材料が出たときほどの過熱感がなく上昇できることも考えられます。

 

1200円くらいからは厳しいかもしれませんが、値幅チャンスになるかもしれませんので動向は見ておいたほうが良いでしょう。

 

まとめ

以上から今回の値動きで注目するポイントは

 

  1. もう少し下に行く値動きがありそう
  2. 長期線目安の反発なのか相場開始時まで戻すのか注目
  3. 相場開始時を超えて株価が下がればホルダーの質が変わる可能性あり
  4. 1200円~1300円の上値で推移すれば値幅チャンスあり?

 

といったところでしたね。それではまた!