-Chart anatomy-

チャート解剖学

アンジェスは陽線引けず。週足ローソク足は大事ですね。

f:id:higedura:20190328174043p:plain

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

株チャートの勉強のためトレード内容を振り返ります。

 

今回はアンジェス【4563】の各種チャート値動きを振り返って勉強です。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。

 

※私見かつ個別銘柄の売買を推奨、強要するものではありません。

<前回記事>

www.chart-anatomy24.com


アンジェス5分足チャートで勉強

 

f:id:higedura:20190404162910p:plain

 

前回までの考察では

 

  1. 長期線や相場開始時の価格まで戻るかどうか
  2. 陰の陽はらみ完成なるか
  3. 翌日の寄り値と陽線になるか注目

 

ということに言及してきました。

  

本日の値動きは

 

  1. 前日終値より高く寄り付いたもののすぐ大陰線を形成
  2. 下降トレンドに移行
  3. 途中中期線を超える値動きがあるもののトレンド転換できず
  4. 大引けまで強い下落の流れ

 

となりました。

 

本日の寄り値の位置は良かったものの、そこから陽線を引く流れとはなりませんでしたね。

 

ザラ場中も値幅を取るような場面がなく、ただ下げるのを見ている流れでした。

 

アンジェス日足チャートで勉強

f:id:higedura:20190404163016p:plain

 

 

日足では陰の陽はらみとなっており、本日のローソク足がどうなるか気になっていました。

 

結果としては出来高が減って陽線をかぶせるような陰線が出ました。

 

ここからまた下げていく印象が強まり、前回考察までお話していた長期線での攻防を見る流れなのかなと感じています。

 

週足を見ると・・・

 

f:id:higedura:20190404164548p:plain

 

13週移動平均線との乖離はだいぶ無くなりました。

 

前回までの考察で週足高値圏でトンカチが連発していると言及してきましたが、やはりこういったチャートでは大きな下げがくるんだなと再確認。

 

非常にシンプルではありますが、ローソク足と出来高は昔から使われているだけあって信頼できるテクニカル分析なんだなと痛感しますよね。

 

日足長期線もダメならコラテジェンの新材料が出たり、業績に現れてくるまでしばらく影を潜めるのでしょうか。

 

まとめ

以上から今回の値動きで注目するポイントは

 

  1. 週足でトンカチ連続はやはり危険信号
  2. ローソク足と出来高は信頼できるテクニカル

 

といったところでしたね。それではまた!