-Chart anatomy-

チャート解剖学

FXとプライスアクション!チャートから値動きの変化を読み取れ!

f:id:higedura:20190501133451p:plain

 

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

FXでは出来高情報がなく、株と違っていまいち値動きの信ぴょう性を測りづらい傾向があります。

 

そのため出来高分析に変わる何か基軸となる考え方が欲しいですよね。

 

そこで登場するのがプライスアクションという値動き分析です。

 

プライスアクションではローソク足の形状や組み合わせ方から現在の値動きがどういった状況にあるのかを分析し、売買判断を行うというもの。

 

株がローソク足と出来高を組み合わせてボリュームプライスアクション(VPA)を行うのに対して、FXではローソク足のみのプライスアクション(PA)を行うというわけです。

 

今回はそんなプライスアクションの

 

  1. 基本的な考え方
  2. 基本となるローソク足形状

 

について簡単にご紹介します。

 FXとプライスアクションは値動きの本質を表す

FXでは出来高情報がなく、値動きそのもののエネルギーを見ることができない以上、ローソク足から値動きを見破る必要があります。

 

ここで言うところの「値動き」とは単なる上昇や下降ではありません。

 

  1. どの価格帯で大きな抵抗や支持があるのか
  2. 抵抗や支持の受け方でどんな値動きをしたのか
  3. どこで転換して、そこに巻き込まれた投資家の損益状況はどうか

 

といったより具体的に市場参加者の心理的な節目となる価格を探すという意味が込められています。

 

こういった意味合いがプライスアクションの本質であり値動き分析の根拠となるわけです。

 

正直に言うとこれは株式市場でも同じことが言えますが、FXでは出来高がない以上、よりこのプライスアクションの比重が重くなります。

 

プライスアクションは安値高値が重要視される

プライスアクションでは値動きにおける

 

  1. 抵抗帯(レジスタンス)
  2. 支持帯(サポート)

 

を重視しますので、安値高値が非常に大事な要素となってきます。

 

数字である以上、例え1銭でも超えたのか超えなかったのかは大事です。

 

1銭超えるより1円超えた方が強い変化であることは間違いないですが、以前の安値高値を「超えた」という変化を重視します。

 

安値高値を超えたかどうかで

 

  1. トレンドが発生したのか
  2. モメンタム(勢い)が増したのか

 

を判断していく流れがあると覚えておきましょう。例えば、上昇トレンドの発生や継続には

 

  1. 高値更新
  2. 安値切り上げ

 

という要素が必要ですよね。

 

過去に大きなヒゲを引いた価格を超えてこれらの兆候が続いたとすれば市場参加者に買い手が多いと判断でき、自分もその流れに乗ることが可能となります。

 

こういったことを見破るためにプライスアクションがあり、見破るためのテンプレートのようなものが存在します。

 

プライスアクションの基本形

プライスアクションの基本となるローソク足の形状や組み合わせを紹介します。全部で9種類ですが、買いの形と売りの形があるものもあります。

 

ピンバー

f:id:higedura:20190501141229p:plain



ピンバーはローソク足の実体が短く、ヒゲがとても長いことが特徴です。

 

  1. 陰のピンバー:上昇の先で出やすい(天井圏のサイン)
  2. 陽のピンバー:下落の先で出やすい(底値圏のサイン)

 

と考えられ、転換点のわかりやすい例として有名なプライスアクションの基本中の基本と言えます。

 

名前の由来は「針」で、針のように長いヒゲが発生したということは

 

ヒゲの先端価格で売りや買いの勢力が強まった

 

と考えます。どちらかの勢力が一方的に勝ったということなのでその方向に順張りする準備をする合図と考えましょう。

 

ちなみに完全な天井圏・底値圏だけでなく押し目や戻り売りでも発生することがあるので注意です。

 

ピンバーの実例解説はピンバーはプライスアクションの基本中の基本だ! で詳しく行っています。

 

スパイク

f:id:higedura:20190501141525p:plain

ピンバーから実際に値動きが転換して上昇・下降したプライスアクションがスパイクです。

 

  1. スパイクロー:底値から上昇
  2. スパイクハイ:天井から下落

 

と買いと売りのパターンがあり、実際に上昇や下落が始まっているのでピンバーよりも順張りしやすいです。

 

例えばスパイクハイであれば上昇からある価格で天井をつけ、それまで強気になっていた買い手側をコテンパンにやっつけたという意味合いがあります。

 

買い手が思わぬ形でコテンパンにされたため弱気になり、そこから売り手が攻勢になっていく流れになるという局面だと考えられますね。

 

ちなみに明確にスパイクの形だと言うためには

 

  1. ピンバー当日の安値(高値)が前後2~3個のローソク足よりも明確に低い(高い)位置にあること
  2. ピンバーの実体が明らかに小さいこと
  3. ピンバー形成前に上昇(下降)の流れが明確にあること

 

という条件が揃っている必要があるので注意しましょう。

 

スパイクについてはスパイクはプライスアクションの基本かつトレンド終焉を意味するものだ!で詳しく解説しています。

 

スラスト

f:id:higedura:20190501142954p:plain

スラストは強い上昇や下降を示すプライスアクションです。

 

プライスアクションでは前日の安値高値は抵抗や支持帯となる考え方がありますが、そこを構わず更新し続けるのは強い値動きだと考える意味合いがあるんですね。

 

高くてもいいから買いたい、安くてもいいから売りたいといった投資家の心理が表れています。

 

スラストも上昇と下降のパターンがあり、それぞれスラストアップ・スラストダウンと呼ばれ買いと売りの意味合いです。

 

スラストと言うには単にローソク足がかぶっているだけでなく

 

  1. スラストアップ:前日高値を当日終値が明確に上回っている
  2. スラストダウン:前日安値を当日終値が明確に下回っている

 

という条件があるので注意です。

 

また、スラストは

 

  1. 連続するほど強い値動き
  2. 陰線と陽線が混同することもある
  3. ギャップを開けて重ならないケースもある

 

といった特徴があります。

 

リバーサル

f:id:higedura:20190501144449p:plain

 

リバーサルは安値高値を超えたものの押し返されたという意味のプライスアクションです。こちらも

 

  1. 弱気リバーサル:高値から押し返された。売りサイン。
  2. 強気リバーサル:安値から押し返された。買いサイン。

 

と売り買いのパターンがあります。

 

リバーサルと呼ぶには

 

  1. 安値(高値)を下回った(上回った)
  2. そのあとに前日ローソク足の実体上辺(下辺)を上回って(下回って)引けた

 

という条件が成立する必要がありますので注意。

 

トレンドの最中では高値や安値更新という要素が必要なので、トレンドが長く続いた先にこういったリバーサルが発生すると

 

もう更新する力が残っていないのか?

 

と市場が考え、転換の合図となりやすいです。

 

ちなみにリバーサルの安値高値を超えてきた場合は、リバーサルがダマシとなるのでさらにトレンド継続の可能性があります。

 

ランウェイ

f:id:higedura:20190501145626p:plain

ランウェイはブレイク前の価格水準から頭一つ飛び出して推移するプライスアクションです。こちらも

 

  1. ランウェイアップ:大きめの陽線でブレイクアップして、その後ブレイク時の安値を下回らない
  2. ランウェイダウン:大きめの陰線でブレイクダウンして、その後ブレイク時の高値を上回らない

 

という売りと買いのパターンがあります。

 

前後の値動きはローソク足3個程度がランウェイの判断に必要で、長ければ長いほど信頼性が高まります。

 

できれば前後5つくらいは見ておきたいところですね。

 

株で言うところのボックス理論に似ていて、ランウェイが連続して上昇や下落が続いていくこともあります。

 

ブレイクとの違いは数個分のローソク足で完成するプライスアクションだということでしょう。

 

インサイド

f:id:higedura:20190501150445p:plain

インサイドは前日のローソク足が当日のローソク足をすっぽりとはらむプライスアクションです。

 

株で言うところのはらみ足と同じと考えてもらってかまいません。

 

インサイドでは例えば、大きな陽線が発生したことで買い手優勢!と思いきや弱気な小幅陰線がはらまれてしまい上昇力の鈍りを市場がイメージする意味合いがあります。

 

値動きが弱まって膠着していると考えられるので、母線となる大きいローソク足の安値高値どちらを抜いていくかが最大のポイントです。

 

抜けていった方に順張りすべきですが、そこからリバーサルになるケースもあります。

 

アウトサイド

f:id:higedura:20190501151050p:plain

インサイドの逆パターンがアウトサイドです。株で言う包み線と同じと考えて構いません。

 

前日の値動きと当日の値動きが逆向きになっているときが重要なプライスアクションで、当日の値動き方向が優先されていく傾向があります。

 

アウトサイドからすぐインサイドが連続することもあり、その場合は一種の保ち合いに入っていると考えましょう。

 

アウトサイドやインサイドが連発する場合は最も大きなローソク足に注目し、そのローソク足の安値高値どちらを抜けていくか観察します。

 

フォールスブレイク

f:id:higedura:20190501152006p:plain

 

フォールスブレイクは「ダマシのブレイク」という意味合いが込められています。

 

リバーサル同様に、直近の高値を一度超えてからすぐさま反転下降するダマシのプライスアクションで強めなサインです。

 

図は売りのパターンですが、反対にして買いのパターンとしても使えます。

 

ダマシとなるローソク足はリバーサルが併発するときとそうでないときがあるので覚えておきましょう。

 

ちなみにリバーサルが併発すると複数サインの点灯になるのでより強い値動きと判断できます。

 

フェイクセットアップ

f:id:higedura:20190501153016p:plain

 

フェイクセットアップは「偽りの身のこなし」という意味合いが込められています。

 

天井圏や底値圏でレンジ形成し、一度はブレイクするもののダマシとなり反対方向の値動きが加速するプライスアクションです。

 

図は買いパターンですが、売りパターンもあります。

 

FXではレンジ形成が多いですが、ブレイクがダマシとなるフェイクセットアップは重要なプライスアクションと考えられます。

 

リバーサルやフォールスブレイク同様にダマシが組み込まれているので強い値動きと考えトレンド転換シグナルとして信頼できるので覚えておきましょう。

 

まとめ

今回はFXの強い味方となるプライスアクションの基本について解説しました。

 

株にもFXにも活用できる考え方なのでぜひパターンを覚えて値動き分析に役立ててくださいね。

 

それではまた!