-Chart anatomy-

チャート解剖学

スパイクはプライスアクションの基本かつトレンド終焉を意味するものだ!

f:id:higedura:20190502131135p:plain


どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

ピンバーはプライスアクションの基本中の基本だと解説!でピンバーはプライスアクションの基本だと解説しました。

 

今回はプライスアクションの中でピンバーと同じくらい基本的な考え方である

 

  1. スパイクロー
  2. スパイクハイ

 

を解説します。両者は共に「トレンドが燃え尽きる瞬間に発生する」というのが基本的な考え方となっています。

 

トレンド転換の瞬間を判断するのに役立つプライスアクションなのでぜひ覚えていただき、トレードに活用して下さいね。

 

スパイクハイとスパイクローはトレンドの終焉を告げる

スパイクには買いシグナルと売りシグナルのパターンがあり・・・

 

f:id:higedura:20190501141525p:plain

 

  1. 左側:スパイクロー(買いシグナル)
  2. 右側:スパイクハイ(売りシグナル)

 

となっています。スパイクと呼ぶには

 

  1. スパイク前の値動きに明確なトレンドがある
  2. できるだけ長く強い値動きがあった方が良い
  3. スパイクの安値高値は明確に長いヒゲとなっている
  4. スパイクの終値は当日の安値圏、高値圏になるべく近い
  5. スパイク後の値動きがしっかり反転している

 

といった条件を揃える必要があります。わかりやすく言うとピンバーにトレンド値動きをくっつけて、反転を確認するイメージですね。

 

ピンバーはそれ単体で判断する面がありますが、スパイクではトレンド要素や反転要素まで確認するのがコツです。

 

反転まで確認すると取れる値幅が小さくなると心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、スパイクローやスパイクハイはトレンドの終焉を意味しています。

 

新しいトレンドを掴んだとなれば、トレンド転換に活用した値幅はわずかなものとなりやすいです。

 

そのため「頭と尻尾はくれてやれ」という格言があるように、しっかりと転換まで確認してスパイクと判断してあげたほうがリスク管理として正しいケースも多いです。

 

実際のチャートでスパイクの例を見てみると・・・

 

f:id:higedura:20190502131734p:plain

 

こんな感じで、スパイク判断に活用した部分は反転後のトレンド全体から見るとわずかなものです。

 

前後の値動きから「抜けたら値動きが加速しそうな部分」を見つけて、ブレイクまで見てあげると良いですね。

 

このチャートで言うと・・・

 

f:id:higedura:20190502132210p:plain

 

赤枠で囲った部分はスパイクかつインサイドのプライスアクションになっています。そのため母線であるAの高値を抜けるかどうかがスパイク完成のカギです。

 

スパイク完成とインサイド母線の高値抜けという複数サイン点灯により転換点となる可能性が高いので、Aの高値に注目すると良いでしょう。

 

スパイクとピンバーの考え方は共通している

ピンバーと同様に、スパイクでは長いヒゲが発生していてチャート上でかなり目立つローソク足となりやすいです。

 

そのため市場参加者は長いトレンドの末にスパイクが発生すると

 

もうトレンドは終わり?

 

と考えて弱気になりやすいです。FXは「誰かが得している裏では誰かが損している」というゼロサムゲームの背景からも、株より人間の欲が濃く出ます。

 

トレンドは終わりとなればドテン売買されるケースが多く、あっという間に転換することだってあり得ます。

 

ピンバー同様に市場参加者の心境がシンプルにローソク足に出ているプライスアクションなので、スパイクは重要な考え方です。

 

逆に言えば自分がトレンドに乗っている最中に発生した場合、一度ポジション調整する理由にもなりますので気をつけましょう。

 

スパイクの流れとしては

 

  1. 強いトレンド
  2. スパイク
  3. 転換

 

が普通ですが、

 

  1. 強いトレンド
  2. スパイク
  3. 転換せずにスパイクのヒゲをブレイク

 

というパターンもあります。だからこそ転換まで確認するのであり、スパイクをブレイクしたら市場が考える以上に強い値動きなんだと順張りするべきですね。

 

スパイクのブレイクにファンダメンタルズが関係していないか確認

スパイクローやスパイクハイでは長いヒゲが発生しなくてはなりません。

 

通常、プライスアクションでは長いヒゲは買い手や売り手が一方的にやられた痕跡だと考えるので、強い勢力に順張りするわけです。

 

しかし、ピンバーやスパイクの長いヒゲが市場の意に反してブレイクされた場合はダマシのプライスアクションとなります。

 

ダマシはプライスアクションの世界では値動き強化と考え、単純にダマシ方向に順張りします。

 

つまりチャート上では

 

  1. スパイク方向に素直に動くのか
  2. ダマシとなるのか

 

だけ考えて、動いた方向へ順張りすれば良いというわけです・・・が、ダマシとなった場合にはその裏にファンダメンタルズが関係していないか調べてみると良いでしょう。

 

例えば、

 

  1. 重要な経済指標の発表
  2. 国際的に注目されているイベント

 

などにスポットを当てて調べると値動きに関係する材料が出ていることもあります。

 

イベント時に長いヒゲを否定してダマシの形になった場合は、市場心理と逆方向に材料が働いた可能性が高いです。

 

プライスアクションだけでなく、その裏側をイメージできるように少しずつ材料と値動きの関係にも注目していきましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?今回はプライスアクションの基本であるスパイクについて解説しました。

 

トレンドが続いた先に起こるとより意味深いものになるので覚えておきましょう。

 

その他のプライスアクションについてはFXとプライスアクション!チャートから値動きの変化を読み取れ!で解説しているのでこちらも併せてご参考ください。

 

それではまた!