-Chart anatomy-

チャート解剖学

楽天は日足の流れと始値で上昇継続が読めました。

f:id:higedura:20190405161924p:plain

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

株チャートの勉強のためトレード内容を振り返ります。

 

今回は楽天【4755】の各種チャート値動きを振り返って勉強です。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。

 

※私見かつ個別銘柄の売買を推奨、強要するものではありません。

<前回記事>

www.chart-anatomy24.com


 

楽天5分足チャート

f:id:higedura:20190410151234p:plain

 

前回考察では

 

  1. 3月26日の高値が転換点になっているか
  2. ブレイク後の価格水準に上がったか
  3. 前週の週足ローソク足が怪しい

 

ということに言及しました。

 

本日の値動きは

 

  1. 寄り付きから上昇
  2. 適度な押し目を入れながら高値をつける
  3. そこから押し目を形成
  4. 反発するも高値まで戻れず失速
  5. 中期線を大きく下抜けて安値圏まで下げる

 

という展開でした。

 

私がTwitterでつぶやいてエントリーしたのは図の青丸部分です。

 

最初のエントリーを考えるには日足の流れを頭に入れておく必要があります。

 

直近の日足では・・・

 

f:id:higedura:20190410152542p:plain

 

2回ほど抵抗帯を超えています。

 

一回目は前回考察で述べた3月高値、2回目は一昨日の上髭ですね。

 

昨日の終値ベースでも、本日の寄り付きでも、両方の抵抗帯より高く始まっています。

 

これは上昇継続の証拠ではないかと考えました。

 

そのため、本日の1回目のエントリーでは寄り付きローソク足の高値ブレイクを合図にしています。

 

ローソク足を見ても、寄り付き高値をブレイクしたことで大きめの陽線が引けているとわかりますね。

 

次に、2回目のエントリーですが

 

  1. 10:05の出来高激減
  2. 10:10の十字線

 

がポイントです。この2点を下げ止まりの根拠としてエントリーしました。

 

しかし、ここで注意すべきなのは10:10の十字線が包み線となっていることですね。

  

そのため・・・

 

f:id:higedura:20190410153431p:plain

 

この包み線の安値を抜けるようならVWAPまで買い増し。高値を抜けるようなら上昇予想と考えていました。

 

今回は十字線安値で買って、高値抜けで利益が伸びました。

 

ただし、10:30に出来高を伴った陽のトンカチが発生したことで利益確定をしています。

 

楽天日足チャート

f:id:higedura:20190410151254p:plain

 

 

本日は出来高を伴って陽のトンカチを引きました。

 

上昇がうまく継続されたものの、前場終わりでネガティブ材料が出てしまい下げの展開に変わりましたね。

 

おそらくこれがなければスルガ銀行やユニ・チャームのように上昇継続の流れだったかなと感じました。

 

直近で買ってた人がここで売ったと考えられるので、もしかしたら本日の高値が転換点になってくるかもしれません。

 

5Gの材料も後ろに控えているので、押したときにどれくらいの出来高で買いが観測されるか注目です。

 

まとめ

以上から今回の値動きで注目するポイントは

 

  1. 日足の流れと始値から上昇継続を読めた
  2. 寄り付き高値ブレイクで上昇開始した
  3. 十字線などをエントリー理由としたが、包み線には注意
  4. 本日の高値が当面の転換点の可能性あり
  5. 5G関連の買いがどれほどのものか

 

といったところでしたね。それではまた!