-Chart anatomy-

チャート解剖学

楽天は同業他社から出遅れ上昇でした。レーティングは適当すぎ。

f:id:higedura:20190405161924p:plain

 

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

株チャートの勉強のためトレード内容を振り返ります。

 

今回は楽天【4755】の各種チャート値動きを振り返って勉強です。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。

 

※私見かつ個別銘柄の売買を推奨、強要するものではありません。

<前回記事>

www.chart-anatomy24.com


 

楽天5分足チャート

f:id:higedura:20190417155934p:plain

 

前回考察では

 

  1. 出来高を伴った陽のトンカチ
  2. ここが転換点になりそう
  3. もし下げたら押し目でどのくらい買われるか注目

 

と言及しました。

 

本日までの値動きは

 

  1. 考察通り押し目形成
  2. 中期線まで押したあと反発
  3. 本日の出来高は爆発的増加

 

という形になっています。

 

本日の値動きは

 

  1. 寄り付きから上昇
  2. すぐに押し目形成
  3. 反発してから上昇継続
  4. VWAPや中期線で反発
  5. 高値引け

 

という展開でしたね。

 

私がTwitterでつぶやいてエントリーしたのは図の青丸部分です。

 

理由は

 

  1. 同業他社に対して出遅れ上昇の可能性
  2. 寄り付きの押し目状況

 

が挙げられます。特に同業他社がここのところ上がっていたのは大きな背景ですね。

 

同業他社が上がっているときは楽天のみパッとしない状況でしたが、本日は楽天の一人勝ちでした。

 

寄り付きでランキングに上がってくるほどギャップアップしていたので、本日は挽回してきそうだなと予想できましたよね。

 

そんな考え方で押し目基本形やVWAPを活用して値動きを読みました。

 

楽天日足チャート

f:id:higedura:20190417155953p:plain

 

本日は出来高を伴って大陽線です。

 

前回考察で押し目を予想して、そのあと下げました。下げ方は出来高ががっつりと減っていて悪くないですね。

 

ただし、もう少し本日の出来高が欲しかったところ。

 

直近高値は割と強そうなので、ここを超えていけば面白い展開になっていきそうです。

 

携帯キャリアの値下げ合戦は市場の予想よりヒートアップしなさそうだということで、安心感から買いが進んでいるとの見方があります。

 

また、あれだけ悪く言っていた携帯キャリア事業への参戦も起爆剤になるとかレーティング格上げ理由にされています。

 

レーティングも1000円からいきなり2700円。ほんと適当ですよね。笑

 

とにかく、この空気が手伝って高値突破していくのか注目しましょう。

 

まとめ

以上から今回の値動きで注目するポイントは

 

  1. 出遅れ上昇の予想
  2. 朝一の押し目基本形
  3. 急騰後のVWAPや中期線で押し目買いできた

 

といったところでしたね。それではまた!