-Chart anatomy-

チャート解剖学

ソフトバンクはKDDIとドコモより弱い値動きを朝一で見せました。

 

f:id:higedura:20190416163245p:plain

 

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

株チャートの勉強のためトレード内容を振り返ります。

 

今回はソフトバンク【9434】の各種チャート値動きを振り返って勉強です。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。

 

※私見かつ個別銘柄の売買を推奨、強要するものではありません。

 

ソフトバンク5分足

f:id:higedura:20190416163647p:plain

 

本日の値動きは

 

  1. 寄り付きから高く始まるがすぐ下げる展開へ
  2. 中期線で大きめの足長同時線が発生
  3. そこから反発してVWAPまで上昇
  4. VWAPに上値を抑えられて大引けまでヨコヨコ

 

という展開でした。

 

私がTwitterでつぶやいてエントリーしたのは図の青丸部分です。

 

理由は

 

  1. 携帯キャリア関連が軒並み高く始まる
  2. 地合いの値動きとして朝安から上昇する予想
  3. 携帯値下げ合戦が思ったほどではないと市場の安堵した

 

ということが挙げられます。

 

朝下げてもそのあと上がってくるだろうなと考えてましたが、意外に掘りましたね。

 

KDDIも買っていましたが、朝一ですぐに反発しましたし、押したときの印象もソフトバンクより良かったです。ちなみにドコモも。

 

楽天は下げて始まったので論外。やはり前回考察のように資金移動でしょうか。

 

ソフトバンクは反発してもVWAPを超えられず、エントリーのローソク足安値を割り込んだため一度ロスカット。

 

図の赤丸で調整完了の足長同時線が出るまでは様子を見ていました。

 

この足長同時線は安値を見てわかるように中期線サポートで発生しているのでなんとなく信頼。

 

包み線になっているので足長同時線の高値超えでも少し買い増ししています。

 

利確はVWAPで行いましたが、最初のロスカットの影響でトータルはそこまでの利益ではありませんでした。

 

ソフトバンク日足

f:id:higedura:20190416163704p:plain

 

本日は出来高を伴ってギャップアップ。ローソク足は足長同時線なので一度調整が入る可能性もありますが、ひとまずトレンド転換のチャンスですね。

 

ちょうどできたての長期線で止まっているので、ここを突破できるかが注目ポイントでしょう。

 

また、上値のトレンドラインは・・・

 

f:id:higedura:20190416165051p:plain


なんとなーく超えているような感じもします。

 

25日平均出来高より割と高い水準で上抜けているので、少し調整を入れた後にこのままトレンド転換 してもらいたいものです。

 

まとめ

以上から今回の値動きで注目するポイントは

 

  1. 関連銘柄より弱い値動きで一度ロスカット
  2. 中期線目安で拮抗を示すローソク足発生
  3. 日足はレジスタンス突破の可能性 

 

といったところでしたね。それではまた!