-Chart anatomy-

チャート解剖学

ツガミは下髭連続で反発を読みました。

 

f:id:higedura:20190412163821p:plain

 

どうも、ひげづら(@higedura24)です。

 

株チャートの勉強のためトレード内容を振り返ります。

 

今回はツガミ【6101】の各種チャート値動きを振り返って勉強です。

 

あくまでチャートからテクニカル分析を行ってみた考察ですのでその辺をご了承下さい。

 

※私見かつ個別銘柄の売買を推奨、強要するものではありません。

ツガミ5分足チャート

f:id:higedura:20190412163745p:plain

 

本日の値動きは

 

  1. 寄り付きで大陽線
  2. そこから押し目形成
  3. VWAP下かつ中期線上のスペースで下髭連発
  4. 反発してVWAP上抜け
  5. 1000円の強い節目を超えて上昇もすぐ反落
  6. 大陰線で中期線下抜けヨコヨコ

 

という展開でした。

 

私がTwitterでつぶやいてエントリーしたのは図の青丸部分です。

 

理由は

 

  1. VWAPを下抜けるも中期線サポートを期待
  2. 中期線を目安に下髭優位の挙動
  3. 下髭で出来高増加

 

ということが挙げられます。

 

下髭優位、ということは下がっては買われて下がっては買われて・・・が連続しているということですね。

 

また、その挙動が中期線という目安に沿って行われていることも安心感がありました。

 

忙しくてキャプチャーは撮れていませんが、板つきも問題ありませんでしたね。

 

以前の記事で書いたように、VWAPをしっかりと上抜けていく挙動は強いと感じます。

 

ツガミはかなり流動性が高く、簡単に万株の取引ができる銘柄。

 

VWAPまでの反発を取ってみよう!

 

直近高値まで取ってみよう!

 

と目標を決めて、多めに仕込むべきですね。

 

  1. 下髭で集められている?
  2. VWAPを超える値動き
  3. 反発で出来高増加

 

といったことを考えれば少なくとも寄り付き高値まではイメージできたはずです。

 

私は

 

  1. 日足直近高値
  2. 1000円直前のヨコヨコ踊り場

 

を考慮して1000円手前で手仕舞いしていますが、今考えれば10:25に長い下髭が。

 

もう少し上の価格まで買われると考えて良かったのかな・・・と思っています。

 

ツガミ日足チャート

f:id:higedura:20190412163802p:plain

 

本日は出来高を伴って 陽の寄り付き坊主。

 

直近高値と1000円の強い節目に並ぶ水準なので警戒です。

 

ここを超えていけば1100円を目指すと考えておきます。100円上がれば10%の上昇ですから、そのなかでまた値幅取りができるかも?

 

まとめ

以上から今回の値動きで注目するポイントは

 

  1. 中期線を目安に下髭連発
  2. VWAPをしっかりと超える強さ
  3. 日足直近高値と1000円の節目 

 

といったところでしたね。それではまた!